過払い金返還請求

過払い金返還請求とは?

過払い金返還請求とは、債務者が貸金業者に返し過ぎたお金を請求する行為を指します。債務者が消費者金融などの貸金業者から利息制限法の利率を越える利息で借入れをしていた場合、引直計算によって算出された支払う義務のないお金を取り戻すことです。端的に言えば、貸金業者に払いすぎた利息を返してもらうことで、利息制限法では、年利率が15〜20%と定められています。しかし、実際には、年約25〜29.2%の利息で貸し付けをしていました。ほぼ全ての貸金業者は、みなし弁済の厳格な要件を満たしていないことから、利息制限法を超える利息は取れません。そのため、利息制限法の上限を超える利息分は無効となり、債務者は払う必要はありません。利息制限法上の計算で元金がゼロになっているにも関わらず、返済したお金の返還を請求することを過払い金返還請求と言います。消費者金融などの貸金業者に支払ったグレーゾーン金利の返還を求める行為が過払い金返還請求であり、利息制限法上無効な金利を払い続けてきた人に与えられた権利でもあるので、堂々と請求することができます。

過払い金が発生する理由とは?

過払い金が発生する理由は、貸金業者が定める利率と利息制限法の利率に大きな開きがあるからで、金利の上限である利息制限法という法律を超えて、業者が金額を要求するからです。消費者金融業者は、利息制限法の上限を超えた金利を受けることは違法になり、支払い過ぎた金額が借金の元本を超えている場合、超過部分の金額を貸金業者から返還できるようになっています。かつて、利息制限法と出資法の上限金利の間の金利はグレーゾーン金利と呼ばれていたのですが、貸金業法の改正でグレーゾーン金利は廃止されました。簡単に言うと、過払い金が発生するのは、利息制限法の利息を超えているからです。金融機関は利息制限法を超えている場合、その越えた分を返さなければなりません。利息制限法を超えている場合、本来は払わなくてもよかったお金と判断され、超えている分の利息を取り戻すことができます。利息制限法を超えている利息で返済を続けていた人は、過払い金を返してもらえるよう手続きをしましょう。過払い金の手続きをする場合は、弁護士か司法書士などの専門家に依頼するのが賢明です。なぜなら、個人で請求をする場合、細かい手続きや交渉などがあり対応に苦慮するからです。

 

過払い金返還請求の依頼・申請法エントリー